SPOT

信州の伝統食であるおやきは、県内でも地域ごとに調理法が異なります。大きく南北で「焼き」と「蒸し」に分かれますが、県の中央に位置する松本エリアでは両方が混在しています。具材はあんこ、野沢菜、味噌なす、切り干し大根などで、こちらも地域ごと、また店や家ごとにそれぞれ特色があります。地域では軽食やおやつなどとして日常的に食べられているほか、おみやげ品としても定番になっています。写真は麻績村の「蒸しおやき」です。

キーワードで探す
0
MENU CLOSE
目的別で探す