SPOT
重文田村堂
がお気に入り

室町時代(1336~1573)後期の制作と伝わる仏具です。現在は屋外にありますが、かつては若澤寺(にゃくたくじ・廃仏毀釈により廃寺)に収められていた厨子(ずし)でした。名は坂上田村麻呂が同寺を再興したとされることに由来します。重要文化財。

キーワードで探す
0
MENU CLOSE
目的別で探す